2007年08月05日

麒麟児

7月28日に生まれた京都のちびキリン。
もうそろそろ角はたったのかなぁ。

キリンの赤ちゃんといえば私の中では王子のミライ。
動物園通いを始めて、初めて見た麒麟児です。
寒い元旦に生まれたので、なかなか外では会えず、
人のいない時に獣舎のガラスを必死に覗いて、
やっと会えたのがミライでした。
ちょこんと座っててそりゃぁかわいかったです。
あんまりにも覗くからか、お母さんのナツコが
「なにさー」とガラスに寄ってきて怒られた気分で。

大人のための動物園講座の時に、
雨が降ってたけどキリンのえさやりがあって、
ミライ達はみんなが差し出す
アカシアの枝に全然寄ってきてくれない。
どーせ来てくれないだろうなぁと思いながら、
「ミライ」って呼んで枝を出したら、
しょーがないな、って来て食べてくれたのがとても嬉しくて。
顔なじみの飼育員さんに
「あんたのは食いに来たんやて?よかったなぁ」とからかわれて、
にまにましてました。

そんなミライももう6才になるのかな?
生まれた頃から知ってるミライがお母さんに?
そんなことを考えただけでわくわくします。


そんなことを楽しみにしながら、
京都のちびちゃん。
名前は京都の山の名前がつくらしいですねぇ。
もう決まったのかな。

びしっと反ってます。
20070729kirin2.jpg

つめは真っ黒。
20070729kirin3.jpg

舌はさすがに長いですねぇ。
20070729kirin4.jpg
posted by kao at 16:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都市動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都の麒麟児、ミライの子どもなんだ〜!
...っと、今日になって気がつきました。←遅いってね!^^;

子どもの名前はまだ決まってないそうですね。
ミライ、身体にハートの模様があることで、ネットとかで
ちょっと話題になっているとか?
ミライ親子に私もはやく会いに行きたいなー。
Posted by さい at 2007年08月07日 17:24
あわわわわ。
いえいえ、京都の母キリンは
王子のミライとは別人のミライですわ。
誤解を招くよーな書き方ですんまそん…。

王子のミライも負けじと頑張ってほしいなぁ。
Posted by kao at 2007年08月07日 20:06
あわわわわわゎ。そーなんや。^^;
京都市動物園で検索したら、未来って名前だったんで、
すっかり(初歩的な?)勘違いしてしまいました。
関西圏には2頭のミライがいるんやねー。
ま、どっちにしても、早く会いに行きたいっす。(w
Posted by さい at 2007年08月08日 10:42
わはははははは。
私も最初は「ん?」となったけど、
同姓同名でしたぁ(笑)

まぁ、マサイとアミメだから、
さいさんなら実物見たらすぐわかるよぅ(^^)
Posted by kao at 2007年08月08日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50381947
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。